専門家に問題お任せ|問題はプロがスパっと問題とお別れ

結婚と離婚の制度

離婚に関するこれまでの歴史

説明する人

男女が結婚するという制度そのものは非常に古くからその歴史があります。平安以前に関しては、結婚という概念こそなかったものの、男女が互いに対等に付き合っていて、今とは異なり浮気や二股といったこともしばしば見かけられるものだったのです。 鎌倉時代からは女性が男性の家に嫁ぐという仕組みになって、江戸時代からは言えというものが確立されたのです。結婚が法律によって定められたのは明治時代からで、この時代から離婚という考え方も登場しています。 とはいえ、現在のように離婚はスタンダードなことではなく、離婚というと男女ともに白い目で見られてしまうことも多かったケースがほとんどだったのです。平成になってからは離婚をする際の男女をサポートするシステムも多数登場してきて、それほど珍しいことではなくなったのです。

夫婦や法律に関する今後の動向

今後、離婚率というのはそれほど上昇するわけではなりませんが、低下するわけでもないと見られています。現在は結婚したカップルの3組に1組が離婚するというデータが表示されているほどですから、それほど珍しいものではなくなっています。 ですが少子化対策などの意味合いも込めて、今後は離婚を防ぐための制作も様々増えると見られています。一方で、離婚したいと考える女性や男性を支援したり、法的にサポートするための制作も整うではないかと予測されています。 なので、離婚しやすい環境、そして結婚生活を維持しやすい環境どちらも充実すると見られてるために、離婚については今後も現在と同じような状況が続くのではないかと考えられているのです。