専門家に問題お任せ|問題はプロがスパっと問題とお別れ

離婚を専門とする人

それぞれの専門家の依頼料金

肘をつく女性

離婚専門家と呼ばれる人はたくさんいます。弁護士、行政書士、離婚カウンセラーなどなど。それぞれの費用はどれくらいでしょうか。 まず離婚カウンセラーは弁護士や行政書士と比べて数が少ないため相場を出すのは難しいですが、概ね1時間10,000円程度でしょう。 行政書士はどこまで依頼したいかにもよりますが、相談から公正証書作成まですべて依頼したとしても30万を超えるケースは稀です。「離婚プラン」などというパック料金を設定している行政書士も多くいます。 そして弁護士ですが、やはりイメージ通り高額です。離婚のみの場合で着手金+報酬で40万円〜80万円くらいになります。 そのため最初は離婚カウンセラーや行政書士に依頼して調停・訴訟になりそうなら弁護士に、といったケースも多いです。

それぞれの専門家の特徴

どんなときにどの専門家に相談すればよいでしょうか。一つずつ見てみます。 まず離婚カウンセラーは離婚自体を迷っている時、自分の心が固まっていないときなどの相談先です。相手に離婚の意思を告げる前に相談に来るケースも目立ちます。 そして行政書士は書類の専門家ですから、話し合いはつきそうだが、きちんと公正証書などの文書を残しておきたい場合に依頼します。最近では離婚カウンセラーの資格を持つ行政書士も増えています。 最後に弁護士です。依頼者の代理人として調停への同席、裁判への出廷が認められています。しかし先述したとおり費用が高額ですから、最終手段という事になるでしょう。 第三者の意見も大事ですが、最終的に決めるのは自分自身です。その事を忘れずに相談にのってもらいましょう。